南里秀子からのご挨拶

チューバチの素直ブランド
CSなんりのスタッフは全員ブランド力を身につけることになっている。
ブランドといっても、シャネルやプラダを着るということではない。
南里の31訓のなかに「自らがブランドとなる」という条があり、ここでいうブランドはれぞれが目指す人間力という意味だ。
「チューバチはどうありたい?」
「素直です」
即座にそう答えたチュ−バチ。
31訓の中には「子どものような素直な心であれ!」という条がある。
「子ども」の「子」という漢字を分解すると、そこには「いったん終了して、一から始まる」という意味が隠されている。
従って素直な心は、常に新鮮で、謙虚でもある。物事のしきたりや常識に囚われない自由な発想もある。天真爛漫な明るさ、伸び伸びとしたしなやかさ、快活な元気もある。
まさにチューバチらしい。
これから、私は彼女がこの「素直」をどのように大きく花開かせていくか、楽しみに見守ろうと思う。どうぞ、皆様もご期待くださいませ。
チューバチの「素直」ブランドが、沢山の猫さんと皆様に届きますように・・・。



2007.2.1 猫の森株式会社  代表取締役 南里秀子


ご挨拶


私は小さい頃から、夢を見るのが苦手な人間でした。「将来の夢は?」と聞かれても「・・・」と悩んでしまう事が多くいつも文集には「こういえば、良いかな?」と無難な夢を書いていました。自分の「夢」ではなく、先生に褒められる「夢」ばかり描いていたのです。
 ところが、CSなんりのスタッフとなってから、今までの考えが覆されました。目の前に毎日のようにミラクルをおこす南里さんがいます。
「え??夢ってかなうの?かなわないから夢なんじゃないの? 」といった私の考えは180度変わってしまいました。
南里さんの「こうしたい!」が、次々と叶うのを、はじめは「すごいなぁ・・・」と思って見ていましたが、今では南里さんの言う事は「絶対かなう!!」と信じて疑いません。そして自分も、夢を見よう!見続けよう!と思うようになりました。大きな夢でも、小さな夢でも…。それは心から願えばきっと叶うのです。

そして2007年2月1日。


私の「大切な夢」の一つ、「キャットシッターよもねこ」の開業の日です。実は2月1日はCSなんり開業記念日でもあります。
南里さんと同じ日に開業出来る事を、心から嬉しく思います!!これからも笑顔で、真心を込めたシッティングをしていきます大切な家族の一員である、猫さんの過ごしやすい環境作りを心 がけ、お客様に信頼と、喜びをお伝えするお仕事をしていきます!
どうぞ、これから「CSよもねこ」を末永くよろしくお願い致します。

2007年2月1日  CS なんり世田谷支部
キャットシッターよもねこ 鈴谷(スズヤ)さおり(旧姓 中鉢)

担当地区 : 世田谷区 松原周辺
電話 & FAX : 03-5376-0705


Copyright (c) よもねこ. All rights reserved.